DESIGNER

岡田訓明の日々の徒然ブログ
『ジュエリーデザイナーの嗜み』

ファッションとスタイル

ファッションとスタイル

雑記

3月21日の記事で「音楽や製品やファッションもイギリスを意識するようになりました」と書きましたが「ファッション」という言葉について正しく理解をしていなかったので調べてみますと「ファッション=流行」とありました。ということで、「音楽や製品やスタイもイギリスを意識するようになった」に訂正しておきます。
スタイルとは「様式」ということですので、洋服の伝統的な様式ということに興味が湧いてきたということを伝えたかったのです。
例えば「スーツスタイルはこの様に着るのが正しい」とか「トラウザーズ(スラックス)はベルトではなくブレイシス(サスペンダー)で履くのが正しい」「黒のスーツは一般的には着ない」などの伝統的なスタイルのことです。黒のスーツは冠婚葬祭(結婚式もNGという人もいます)で着るもので、グローバルな観点からはビジネスシーンでブラックスーツを着ることはありません。ブラックスーツを着ることは日本独自のもので、必ずしも間違いではありませんが知っておくべきことです。無知とは怖いものです。
また、ビートルズが着ている細身の格好良い出で立ちはモッズファッションというもので、正式なイギリスのスタイルではなく、あくまでファッションなのです。最近のスーツも細身のものが流行っていますが、これはファッションであって時代と共に変化します。
なので、時代に流されないスタイルを取り入れることで、良い素材のものを長く使うというサステナブルな暮らしにも良いのではないかと、そんな風に考えています。
というか、そんなに深くは考えていませんが伝統的なスタイルが格好良いと思っているので、古い映画を観たりしながら「
基本の基」を楽しみながら学んでいるところです。

CATEGORY カテゴリー

PAGE TOP