DESIGNER

岡田訓明の日々の徒然ブログ
『ジュエリーデザイナーの嗜み』

レプリカ

レプリカ

雑記

ビートルズのジョージ・ハリスンが自身で塗ったギターのレプリカを作っています。
本物の写真を見るとパーツを外さず塗っているようなので、本来ならパーツを外してキチンと塗りたいところですが同じようにパーツは外さず真似て塗っています。
適当?にペイントされたものを真似るのは非常に骨の折れる作業で、ましてや水彩絵の具ように水で薄めて塗れる塗料ではないため、思うように筆が運びません。
ジョージ・ハリスンはペンキとマニュキュアで塗ったとの情報を見つけましたが、今回はプラモデルなどに塗るラッカー塗料とマニュキュアを使用しています。

一見すると上手く描けているように見えますがよく見ると酷い出来です。
「進むも地獄、退くも地獄」でリセットボタンがあれば迷わず押したい心境ですが、複雑な図柄は粗が目立たないのでとりあえずこのまま進めようと思っています。
美術品の修復士に憧れていますが、とてもなれるような資質は持ち合わせていないようです。
音楽は個性を捨ててジョージ・ハリスンそっくりに弾くように心掛けビートルズを再現するようにしていますが、絵はオリジナリティを捨てるプライドが少し邪魔をするようです。
この記事はずいぶん前に書き溜めていたものですが、塗る作業は一向に進んでいません。
はたしていつになったら完成するのか、目標を持ってやらないと終わりそうにありません。

 

塗り始めたのは確か2021年7月から

 

後からこの配色が違うことに気付きます。

 

この辺りで既に挫折が始まっています。

 

これから面倒な模様を入れる作業になります。

 

嫌気がさしてる現状です。

 

CATEGORY カテゴリー

PAGE TOP