DESIGNER

岡田訓明の日々の徒然ブログ
『ジュエリーデザイナーの嗜み』

黒は黒でも

黒は黒でも

雑記

最近は殆どの万年筆にブラックインクを入れて楽しんでいます。インクの魅力を知ると「インク沼」とも言われるように、どんどんその魅力に嵌ってしまいます。一時期、色んな色のインクで書くことにも憧れましたが、幸いなことに今使っているノートの紙質が裏抜けしやすく、かなりインクの種類が限定されるため、インク沼に嵌ることなく済んでいます。
そんなに多くのインクを試したわけではありませんが、これまで使ってきた染料黒インクの中ではプラチナのインクが裏抜けし難く、使っているノートとの相性が良いようです。顔料インクだと裏抜けしないことは分かっていますが、万年筆への負担を鑑みて染料インクを使うようにしています。
黒インクでは万年筆特有の濃淡のある筆致はあまり楽しめませんが、赤が混じった黒や、グレーっぽい黒など、メーカーによって微妙な色の違いがあり、そのミクロの世界を味わっています。
細字で書くと違いがよく分かりませんが、使っている人にしか知り得ないインクの楽しみ方のように思います。
黒は黒で、これまた楽しいものです。

CATEGORY カテゴリー

PAGE TOP